モード移行は番長ZEROに近い? – 押忍!番長4

2024年4月16日

押忍!番長4の通常モードの概要が公表されていますが、見たところ番長ZEROのようなモード移行が行われそうな感じですね。

押忍!番長4 通常モード 概要

押忍!番長4 通常モード、ATの引き戻しモードの概要は以下のようになっています。

モード特訓天井概要
AT引き戻し99GAT終了後に必ず移行する
対決勝利でATを引き戻し
押忍モード149G設定変更・ボーナス終了後に移行する
ボーナス期待度は約50%
通常A249G基本モード
特訓までのゲーム数が一番深い
200G以降の特訓失敗後は通常B以上への以降が濃厚
通常B199G次回モードは通常Bがループするかチャンスモードに移行する
チャンス149G特訓からの当選期待度が高い
天国49G49G以内にボーナス濃厚
ボーナス後のみの以降なのか、通常モードやチャンスモードからも移行するのかは不明

AT引き戻しモード

AT後専用の引き戻しモード。
天井ゲーム数的に押忍モードと前兆が被るケースがありそうですが、番長シリーズのこれまでの特徴を考えると、通常モードと平行して消化する事だと思います。

ゲーム数カウンターはAT後も引き継ぐ。
引き戻しモード後、ゲーム数カウンターはリセットされますが、押忍モードへは移行しません。

押忍モード

設定変更・ボーナス終了後に移行する押忍モードは番長ZEROでいうところのZEROモード的な扱いなのでしょう。
期待度50%というのも同じで、押忍モードがループするかどうかは不明ですがどうなのでしょうね。

通常モードA・B

通常A・Bは低設定ほど多く滞在しそうなモードになっていそうです。
通常Aの滞在率などで設定判別をしていく事になりそう。

チャンスモード

ボーナスの当選期待度が高いモード。
チャンスモードのループ率などに設定差がありそう。

天国モード

押忍モードと別軸なのか、通常・チャンスモードを経由してからも移行するのかなど、現在のところ不明。
解析サイトの紹介では「轟がオーラを纏っていると押忍モード or 天国モード」とある。

番長ZEROのようなモード移行か

各モードの天井は特訓までのゲーム数となっており、ボーナス間の通常時にモードを行き来するタイプだと考えられます。

番長ZEROの場合もZEROモードから始まり通常、チャンスを行き来してボーナスを射止めるゲーム性でした。

しかし、見たところモード毎の消化ゲーム数に短縮要素もなく、ボーナス間の天井は699ゲーム+前兆となっていますので、押忍モードと通常A・Bを数回行き来するだけでボーナス間のゲーム数天井に到達してしまいそうですね。

番長ZEROの痛いところは、どんなに短縮して特訓を消化しても当たらなければゲーム数天井だったところだと思います。
結局はゲーム数天井の600ゲーム近く消化する事になっても、特訓回数に天井があればもっと打たれていた気がしますね。

番長4でもZEROモードに似た押忍モードが搭載されており、どうにか押忍モードだけ見て止められるという状況にならないような仕様にしてきているとは思いますけど、どうなのでしょうね。

また、前兆中も次のモードのゲーム数が繰り越しでちゃんと進んでくれるのかも気になるところです。