天井、チャンスとなるゲーム数のゾーンについて – スマスロ ゲゲゲの鬼太郎 覚醒

2024年8月5日導入を予定しているスマスロ ゲゲゲの鬼太郎 覚醒の天井情報、G数のゾーンについてまとめています。

天井ゲーム数は1200G+α

スマスロ ゲゲゲの鬼太郎 覚醒の天井ゲーム数は1200G+αとなっており、恩恵はゲゲゲラッシュ突入となっています。

設定のリセットによる天井短縮は、現在のところ情報がありません。

天井までにいくら必要か

スマスロ ゲゲゲの鬼太郎 覚醒のコイン持ちは50枚あたり約30.6Gとなっています。

最大天井の当選ゲームが最大1230Gとすると、平均2,010枚が必要になります。
50枚貸しで約40.2K、46枚貸しで約43.6K必要になります。

コイン持ちは良くはありませんし天井も少し深いですが、直AT機ですしスペックを見る限りは期待獲得枚数の多いタイプの機種になので期待はできそうです。

設定をリセットによる短縮天井が用意されていれば、朝イチはチャンスとなりそうです。

チャンスとなるゲーム数のゾーン

消化ゲーム数に応じてCZまたはAT直撃のチャンスとなるゾーンが用意されています。
100G~、300G~はCZ、ATのチャンスとなっているようです。